寄り添い抱っこ

さらに大きくなった赤ちゃんには、寄り添い抱っこがおすすめです。おしりをM字にするのが基本です。

寄り添い抱っこ


@ 肩乗せのスタイル(ゲップさせるような体勢)をとります。

A 赤ちゃんのお尻をポーチの真ん中に、足から入れます。このとき、赤ちゃんの両脚を、ママ(パパ)のおなかをはさむように広げてください。そして、赤ちゃんの足はポーチから出し、パパ(ママ)の脇のあたりにくるようにしましょう。

B テールでポーチを微調整してください。ポーチの外側をしぼれば、赤ちゃんの肩が寄せられて、密着感が増します。 ※必ず座った状態で調整を行ってください(立って赤ちゃんの体重がかかっているときにはテールの調整はできません)。


チェック

赤ちゃんの下半身はM字型になっていますか?赤ちゃんのおしりをポーチの真ん中で安定させ、膝がおしりより上に位置し、M字型になっているのがポイントです。


ワンポイント

寄り添い抱っこの状態から、少し脇にずらし、赤ちゃんの重心を腰骨にかけると腰イス抱っこになります。腰イス抱っこは、比較的大きなお子さんでも抱っこしやすい抱き方です。

スリングの基礎知識

スリングの選び方 Q&A

抱き方 抱っこの種類

ピースリング 商品一覧

我が家の子育て日記

わたしのオススメ!

リンク集

マカの効果!


風邪に負けない体作りにマカ

我が家で愛用の
マカレポート
↓↓↓↓↓
マカ

ヨシケイ


出産後は落ち着くまで
ヨシケイ+1品!!
↓↓↓

産後のシワ・くすみ対策に


毛穴の黒ずみ、ニキビ、しわ、
くすみでお悩みの方

なぜb.blen(ビーグレン)が
口コミだけで
ここまで広がったのか?
クリスマスセール実施中!
↓↓↓↓↓

注目ダイエット


今なら半額セール実施中!

私のダイエット成功
レポート(自信あり!)
↓↓↓↓↓
Myダイエットレポート


トップリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 ベビー スリングの使い方. All rights reserved